塾講師になって生徒の夢を叶えよう|自分の天職はコレだ!

男性と女性

事前に知っておくべき点

職業

塾講師として働く前に、塾に関するいろいろな情報をある程度仕入れておきましょう。塾のタイプ然り、賃金に関する情報も絶対に知っておきたい重要なポイントです。自分に適した塾に応募するようにしましょう。

詳しくはこちら

応募方法は主に2通り

勉強

家庭教師のアルバイトを始めるには、まず家庭教師派遣会社に登録する必要があります。求人サイトや求人情報誌を活用すれば、家庭教師を募集している家庭教師派遣会社の求人案件を簡単に探せます。

詳しくはこちら

人柄は採用に大事な要素

本を持つ女性

保育士や塾講師の採用試験で見られる点は、ずばり「人柄・コミュニケーション力」です。経験や保育士資格の有無なども重要となってきますが、多くの面接官が人柄やコミュニケーション力に注目します。それはなぜなのでしょうか。実は教育関連の仕事は、こどもたちだけでなく、同僚やこどものお父さんお母さん方と関わる時間も多分にある職種でもあります。そのため、保育士や塾講師に社会的合成がある程度見られないと「何かしらのトラブルを起こすかもしれない」と思われてしまうのです。人柄やコミュニケーション力、そして社会人としてのマナーやモラルなどを身に付けていないと、不採用となる可能性が高くなってしまいます。面接当日における時間厳守はもちろん、身だしなみや言葉遣いなどにも細心の注意を払っておきましょう。

保育士の採用面接では、一体どのようなところがポイントとなるのでしょうか。人柄やコミュニケーション以外で言うと、「即戦力となるかどうか」という部分が見られると考えておきましょう。保育士としての経験の有無、長さ、以前勤めていた場所の退職理由など、それらを中心に即戦力であるかどうかが判断されます。保育士としてだいたい3年以上働いており、本人に問題があるような対象理由を持っていなければ問題無いと判断されるでしょう。ただ、どんなに保育士としての経験が長くても、何度も転勤を繰り返していたら採用に待ったがかかることもあります。過去に何度も転勤を繰り返している方は、その理由を正直に話し、「ここには長く勤めたいと考えている」という意思表示を行ないましょう。

3つの大きなメリット

履歴書

塾講師のアルバイトには、時給の高さをはじめとした3つのメリットがあります。ただ、塾講師の仕事は生徒に対する授業だけではありません。他にも様々な業務を課せられることもあります。

詳しくはこちら